中古で購入したマンションが収益物件になる|魅力的な不動産投資

夫妻

少ない土地の有効活用法

住宅

土地を有効活用するために、駐車場の工事をするということがあります。この場合、費用をできるだけ安く抑えることが大切です。また、どのようなタイプの駐車場にするのか、じっくりと検討することも重要となってきます。

» 詳細へ

マンションを購入するなら

住居

住む所を確保する上で物件購入を検討される際には、マンションを貸す事も考慮した選び方を行った方が良いでしょう。今後人口が増加していく可能性があるエリアを検討する事で、より将来の資産としての価値が高まる可能性もあるかもしれません。

» 詳細へ

確実な実施方法もあります

案内

家を貸す場合にも、絶対に譲れない借り手への条件などが存在する事があります。契約書に内容を盛り込んでおけば、遵守される確率も高くなります。家を貸す場合に、不動産会社を仲介業者として利用すると、作業の手間を省く事に繋がります。

» 詳細へ

不動産をシェアしよう

マンション

運営はお任せです

不動産投資というと、中古ワンルームマンションや1棟アパートのような収益物件を直接保有して運用するイメージを持っている人が多いです。しかし、最近では金融技術も発達してきており、収益物件に間接的に投資をする方法や、1棟物件を分割保有する方法も登場しています。中古ワンルームマンションや1棟アパートを購入しようと考えているのであれば、他の不動産投資の方法も探してみましょう。注目するべきは不動産をシェアして運用するという方法です。これは1つの収益物件を小口にして所有しやすくした投資商品です。日々の管理運営は運用会社が入っていることが多いです。もしくは、運営会社が理事となって理事報酬を受け取って運営している形もあります。

常にチェックしよう

この不動産シェアリングにおいては個人投資家にとって手間になることはほとんどありません。翌年の3月15日までに確定申告をするくらいのことです。中古ワンルームマンションや1棟アパートよりも大きな収益物件に複数名で投資をするため、リスクの分散にもなります。いろいろな不動産シェアリング商品を保有すれば、エリア分散にもなります。また、相続や贈与時にはあくまで不動産として評価をされるので、現金に比べて評価額を圧縮することができ、相続税の節税をすることもできます。不動産シェアリング商品は販売期間が限られているので、取り扱っている不動産会社のホームページをしばしば閲覧しておきましょう。販売が開始されてもすぐに売り切れてしまうケースもあります。